洗う理由について

「野菜を洗剤で洗うのは常識」、現在ではそういった人が多くなってきています。
以前は、水で野菜を洗い土などの汚れを落としていました。それが現在では、野菜を洗える洗剤が販売されるようになり、利用する人も増えてきています。
野菜は一般的に、梅雨の時期から夏の間に細菌が増殖しやすくなると言われています。その細菌をしっかり落とすことができないと、食中毒にかかってしまう可能性があります。
そのため、野菜を洗う洗剤が注目されるつつあるのです。
一般的に知られている、野菜に付着する食中毒の原因菌は、サルモネラや大腸菌、ノロウィルスです。その他にも、腸炎ビブリオやウェルシュ菌など、多くの菌が存在しています。
冬に流行する菌は人だけでなく、動物にも感染します。空気中には様々な菌が存在していますが、そのほとんどが過熱することで死滅します。
しかし、菌の洗い残しや加熱でも死滅することができない、熱に強い菌も存在しています。そのため、しっかり落とすことができなければ食中毒にかかってしまう可能性は高くなるのです。
そこで活躍するのが、洗剤です。洗剤と言っても全ての洗剤で野菜を洗えるということでなく、野菜洗浄用の洗剤が存在します。
使用方法をしっかり守ることで高い除菌効果があり、熱に強い菌も落とすことができます。

洗剤で野菜を洗うことで高い除菌効果を得られますが、有害物質を除去したり、野菜の鮮度を維持したりすることにも効果があります。
野菜の表面に付いた防腐剤や、着色料、ワックスなどは完全に水で落とすことはできません。これらはしっかり落とさなければ、体に害となる存在なのです。
そういった有害物質も、洗剤で綺麗に除去することができます。
有害物質も菌もしっかり取り除くことができるため、野菜の鮮度を保つことにも繋がるのです。